スポンサーリンク

チコ(犬)の食事を考えよう:チコの食事遍歴編

こんにチコ、けーたです。

最近チコは、ドッグフードへの食いつきが悪くなってまいりました。

出してもすぐには、食べず、しばらくして、

「これしかないからしゃあないかぁ」

chico-eat-dogfoods

とあきらめて食べ始めているかのよう。(といいつつ、食べ始めたら結構おいしそうにむさぼる)

チコはただでさえ痩せ気味体質なので、なんとかしっかり食べてほしいところ。

そんなわけで、

チコの食事を今一度真剣に考えてみよう

ということで、チコ(犬)の食事について語っていきたいと思います。

まず、今回はチコのこれまでの食事遍歴をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

チコのごはんの変遷

生後7ヶ月も間近のチコさん。どんな食事で育ってきたのか一挙ご紹介しちゃいましょう。

初代ドッグフード「ROYAL CANIN(ロイヤルカナン)」

チコの故郷、天使のパピヨン犬舎であげていたのがこちらの「ROYAL CANIN(ロイヤルカナン)」というドッグフードでした。


【公式サイト】 ロイヤルカナン ミニ スターター マザー&ベビードッグ

1kg 1795円。安くもなく高くもなくの標準らしいです。

ロイヤルカナンは有名なシリーズで、その中の子犬期(生後2ヶ月くらいまで)向け用のもの。

子犬期向けって何をどうしてくれてるんだい?と公式を覗いてみると、

ロイヤルカナンの最新の科学の成果である“Start Complex”は、母乳と同じ栄養素を独自のバランスで配合。
母乳から固形食への移行をスムースにする、栄養学に基づいた解決策。
お粥のようなやわらかさに簡単にふやかすことができるキブル(粒)

ふんふん。つまり、

母乳からの移行しやすい、栄養素・食べやすさ、のドッグフードにしてくれている

ということですね。

ドッグフードは急に変えるよりは、食べ慣れているものから徐々に変化させて慣らしたほうがいいとのこと。子犬の頃は特に。そんなこともあって、まずは、犬舎であげていたものを引き継いではじまったのが、ロイヤルカナンのドッグフードでした。

子犬期なので、1日3回少量ずつあげていたので、残すことも少なく食いつきはよかったです。

良いポイントは上にあげましたけど、ロイヤルカナン子犬用の一番の良い点はやっぱり

パピヨンがパッケージの絵に書いてあること

ですね。

2代目「Supremo(シュプレモ)」

ある日。チコ、気づけば3ヶ月歳。

あれ?ロイヤルカナンの子犬用の適齢も卒業してしまってる?

というわけで、そのタイミングで別なドッグフードも試してみよう、と買ってみたのが

「Supremo(シュプレモ)」

【公式サイト】シュプレモ

1kg 1619円。ロイヤルカナンより微かに安いけれど、ほぼ同じくらい。

まずはお試しで、1kgほどロイヤルカナンとも混ぜながら移行してみました。

選んだ理由は・・

公式の以下の文言

シュプレモ®は、栄養豊富な15種類の厳選された自然素材を最適にブレンドすることで、抜群のおいしさを引き出し、栄養素としての働きを高め合い、愛犬の健康をサポートします。

に共感したから。

・・・ではなく

パッケージにお肉とか野菜とか健康的で美味しそうな絵が書いてあるから

です。(つまり、なんとなくです。)

混ぜながらあげはじめてみると、違和感もなさそうに食いついている。いける!

ということで、移行を決めました。そして1kgの袋を消化し、3kgの袋を買ってあげはじめてしばらくすると

チコは、

完全に飽きました。

dogfood-vs-kong

チコさん、横にエサを準備して差し上げてるんですけど!

無視される。

Supremo2袋目の後半は、こんなにも食いつかないかというくらい、食べなくなりました。

飽きもあるでしょうが、3kgという大袋もはじめてだったので、ドッグフード保存管理もよくなかったかもしれません。

よし、チコ、次行ってみるか。

我々は早くもドッグフードの次の試供品を注文することとなったのでした。

3代目(現在)「FINEPET’S(ファインペッツ)」

いくつかの試供品をもらって、次に食いつきと、コストなども踏まえて選んだのか

「FINEPET’S(ファインペッツ)」

finepets

【公式サイト】 FINEPET’S

なんとオランダ産。

これまであげたフードはAmazon等でも販売してましたが、ファインペッツは基本的に公式ページでしか販売もしてなさそうです。

公式ページでは、ペットフードについてしっかり考えられて内容が書いてあります。

FINEPET’Sドッグフードが安全だと言える理由はここにあります。ワンちゃんが毎日食べるものを100%理解し、安心して与えていただくためにも、ぜひお読みください。

なかなか、納得してしまうようなことが書いてあるのでお時間のあるときにでも読んでみると、犬の食への考えが深まるかもしれません。

今回は、まずは、お試しで1kg500円。

その後4kg、6995円で購入。1kg売りだと2263円なので、これまでで最高値のドッグフード

こらぁ、まずいなんていわせない。

というわけで、現在。

ファインペッツを合計3kg消化したくらいでしょうか。

飽きがまったくないとはいえないですが、今のところ、それなりの食いつきで食べ続けております。

ドッグフードの保管

シュプレモのときに、3kgの大袋を、開け閉め、開け閉め、していて、中のフードが湿気りやすかった印象(反省)があります。

そんなおり、100均マスターあーこさんがドッグフード入れをこしらえました。

dog-food-case

これ、そうゆうデザインのケースじゃないですからね。シール貼ってますからね。

100均マスターの名は伊達じゃない。

ちなみに元のケースはこれ。

これによって、大袋を開ける回数はこのケースに移す時だけになって、大元の保存状態は良い状態でキープすることができています。

それも現状食いつきが継続している一つの理由だと思っております。

まとめ

やんちゃで元気なチコには、たくさんドッグフードを食べてもらいたい!

ということで、「チコ(犬)の食」を考え始めた今日このごろ。まずはチコのこれまでの食事を紹介してみました。

美味しくて健康的で(あわよくば安くて)良い食事をあげたいですね。手作りご飯にも興味があるところ。今後も考えていきます。それでは。