スポンサーリンク

チコ、檻の外で寝る

こんにちこ、けーたです。

チコ、だいぶトイレも覚えたのと同時に、夜トイレを我慢することができるようになりました。

自分の寝床付近を臭くしたくないのか、朝ハウス(檻)から開放するまで、寝床ではほぼトイレをしません。

そもそも犬はトイレを結構我慢することができるらしく、決まったタイミング、散歩のときなど、にだけすることができるようです。

そんなわけで、夜トイレをする心配も少し減り、トイレがどこかもほぼおぼえた、

ということで、

チコ、檻の外(我らのベッド)で一緒に寝ることになりました(ひとまず一回だけ)。


チコさん、我々はキミを信じて一緒に寝るのだよ。頼んだよ。

・・といいつつ、ベッドにはしっかりおねしょシーツが導入↓。

まぁね。チコ、もちろん信じているよ。そらもう信じてる。

・・でも、一応ね

こちら↓のおねしょシーツを装備して準備完了。

チコ、ついに檻の外で寝るのを始めて解禁されました

スポンサーリンク

一緒に寝てみる

電気を消して寝始めても、わさわさ動くチコ。

でも嬉しそうでした。チコは寂しがりやです。

チコと2人で家にいる時、リビングからトイレに姿を消すだけで、クゥーンクゥーンいいだします。

夜も、ハウスに入れて電気を消すと、少しの間クゥーンクゥーンいってます。でも割りとすぐ収まってしっかり寝るんだけれど。

わさわさ動いていたのも少しだけ。すぐ収まる位置、ちゃんと我々の間、に陣取って寝始めました。なんやかんやお利口なチコ。

夜寝ている間は、やっぱり間にチコがいると、気を遣ってしまって、我々も快適に寝返りを打つことができなかったり、チコが起きてるか気になって起きちゃったりしてました。

そう言う意味で、いつもより快眠は得られてませんが、チコはとても寝心地良さそうでした。

いつもは朝になると、ハウスから「だして~」って鳴きだすんですが、それもなく我々が起きるまでチコも一緒に爆睡しておりました。

激しい寝相で爆睡するチコ↓

快眠は得にくいし、一緒に寝なきゃ寝れなくなるのもアレなので今後どうするかはまだ決めてませんが、チコの第一回ハウス外宿泊はうまくいったのでした。

チコも幸せそうで何よりなのでした。

チコたんを応援:にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
スポンサーリンク

フォローする